FC2ブログ

≪ Firefox 1.5   |   JUnit 4.0 ≫

Wordの変

カタカナを入力するとき、ローマ字入力した後[無変換]キーを押して変換してるのですが、WordのせいなのかIMEのせいなのか、[無変換]押してもカタカナになってくれない事があります。


ローマ字入力とかな入力が切り替わっちゃう時もそうなのですが、意図せぬキーを押してしまうことが原因で、Wordを再起動しても直らず、いつもWindowsを再起動していました。

今回も同様の現象に遭遇したんですが、誤って押した場所近辺が分かっていたので手当たり次第に調べてみたら、原因がやっと判明しました。

Shiftを押しながらCtrlを押すと、[無変換]キーの挙動が変わるようです。

Word以外で、上記を押しても何の問題もないことから、恐らくWordのショートカットのようです。何をしているのかというと、コントロールパネルから[地域と言語のオプション]で確認できるのですが、Word上でShift+Ctrlを押すたびに、[Microsoft IME Standard 2002 ver 8.1]と[Microsoft Natual Input 2002 ver 8.1]が切り替わります。これらの間で[無変換]キーの取扱いが違うのでしょう。

ちなみに、Windows XP + Microsoft Word 2002(Office XP Standard)という環境で起きた問題でした。

トラックバック

この記事のトラックバックURL